トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

カズ、51歳4カ月天皇杯最年長出場も惜敗…

2018年7月12日 紙面から

横浜M−横浜FC 前半、攻め込む横浜FC・三浦(手前)=ニッパツ球技場で

写真

◇天皇杯<3回戦> 横浜M2−1横浜FC

 延長に持ち込むなど、格上の横浜Mを追い詰めながら仕留められず、横浜FCのカズこと、FW三浦知良は「やっぱり勝たないとね。惜しかった、いいゲームだった、で終わらせては駄目」と、悔しそうに語った。

 公式戦では今季2度目の先発で、自身の持つ天皇杯の最年長出場記録を51歳4カ月に更新。ゲーム主将マークを左腕に巻き、1トップの戸島から一歩下がった位置で攻守に奮闘、健在ぶりを示した。存在感は抜群で、横浜Mサポーターから一番のブーイングを受けた。

 最後はその敵サポーターにも手を振ってピッチを後にした。「J2では味わえない雰囲気をつくってくれたから。あれを見て、うちの若い選手が『上に行かないと』と思ってくれたら。負けたけど、そういう意味ではいい経験になった」と収穫も口にした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ