トップ > 中日スポーツ > サッカー > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【サッカー】

U−20代表・小川が2ゴール J2千葉と練習試合で4−1快勝

2017年4月19日 紙面から

J2千葉との練習試合で、自身2点目のゴールを決める小川=フクアリで

写真

 U−20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)韓国大会(5月20日開幕)に出場するU−20日本代表候補は18日、千葉県内でJ2千葉と練習試合(30分×3本)を行い、4−1で勝利した。

 本大会出場メンバー発表前最後の試合で、FW小川航基(19)=磐田=が2ゴールを挙げた。FW久保建英(15)=FC東京U−18=ら所属クラブで出場機会を得ている選手の招集が見送られる中、東京五輪世代のエース候補が意地を見せた。

 東京五輪世代のエース候補が気を吐いた。FW小川は2トップの一角に入ると攻撃をけん引した。1本目の8分。相手GKの位置を見逃さなかった。「GKが前に出ているので一度狙おうと思った」。右足を振り抜き、約30メートル先のゴールに正確に蹴り込んだ。

 2本目の19分には変化を加えた。「走り方の質を変えた。直線的ではなく斜めに動いた」。千葉の高いDFラインをくぐり抜け、GKとの1対1を正確に射抜いた。今季J1では2試合40分の出場だが、優勝した昨秋のU−19アジア選手権でチームトップタイ3得点を挙げた勘が鈍っていないことを証明した。

 15歳の久保に注目が集まるが、「いい刺激になっている。同世代にも負けられない」と言い切った。筋力トレーニングに励み、無駄な肉を削り落とした。体重は78キロから74キロになり、「キレが出てきた」。体脂肪率は2〜3%下がったという。だが、日本代表のハリルホジッチ監督が求める12%以下には届いていないようで「駄目って言われるかも」とはにかんだ。

 日本にとって10年ぶり出場となるU−20W杯。東京五輪世代のエース候補は「自分の人生で財産になる大会になる。大きなチャンス」と意気込んだ。9番を背負うストライカーの目は、1カ月後に控える強国との対戦に見据えていた。 (占部哲也)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ