トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]PGI浜名湖・ヤングダービー カウントダウン特集【DR戦展望】

2018年9月15日 紙面から

ヤングナンバーワンの実力を見せつけたい羽野直也

写真

 枠なり3・3の進入が基本となりそうだが、同世代の対決ともなれば多少の乱れは考えたい。特に6号艇の佐藤翼は来年3月に地元戸田で行われるクラシック出場に向けて是が非でも欲しいタイトル。“少しでも上位の着を”と考えればスロー水域に入ってきてもおかしくはない。

 それでも主役は1号艇に選出された羽野直也が譲らない。昨年10月の大村周年でGI初優勝を飾り最優秀新人賞も受賞。今年に入って優勝はまだないが、記念戦線で鍛え抜かれたターン力で若手ナンバーワンの座をつかめるか。

 その羽野と切磋琢磨(せっさたくま)し、成長を続ける5号艇の仲谷颯仁も注目の存在だ。2月の九州地区選でこちらもGI取り。外枠でも強気の攻めは脅威となる。2号艇の磯部誠はこの1年で大きく飛躍を遂げた1人。今年の優出は12回を数えるが、6月のまるがめ周年では優出(3着)と結果を出している。次世代の大阪支部を引っ張るであろう木下翔太は、7月のオーシャンCでSGドリーム戦を経験。女子賞金ランキングでトップを走る小野生奈もターンスピードは負けていない。ダッシュが乗れば思わぬ波乱も。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ