トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]まるがめSG「メモリアル」 カウントダウン特集【DR展望】

2018年8月17日 紙面から

昨年ビッグ初制覇した思い出の地で勝利を目指す峰竜太

写真

 6枠に地元の森高一真が入ったことで進入も頭を悩ませそうなドリーム戦。直前のお盆シリーズでFも森高はやる気満々で、センター辺りまでには入ってきそう。ここでは126・345の並びを想定する。

 仮に内が深くなったとしても、主役は1号艇に組まれた峰竜太が譲らない。今年のSG戦線ではムラッ気があり、準優で1号艇を手にしてもフイにするケースが続いているが、それも実力があってのこと。舞台となるまるがめは、昨年のオーシャンCでビッグ初制覇を決めた思い出の地。好相性のプールで再び好結果を出してみせる。

 上半期の主役だった白井英治が対抗格。6月のグランドチャンピオンで自身2度目のSG制覇を成し遂げ遂げ、現在賞金ランクはトップを快走中。今シリーズも初戦で峰を退け優位に戦いたい。3月のクラシックを勝った井口佳典はダッシュを選択か。Fの影響により10月までGIに出場できないだけに、ここでもうひと踏ん張りして賞金を上乗せしたいところ。井口が攻める展開になれば俊敏ターンで切り込む桐生順平の浮上も考えられるが、大外コースから魚谷智之がBSで足を伸ばしてくるシーンも。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ