トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]プレミアムGI「マスターズC」 カウントダウン特集【V争い展望】

2018年4月14日 紙面から

 出場資格の年齢が引き下げられ、様変わりする今年の大会。初出場組からはドリームメンバー以外にもビッグネームがそろう。メンバー中、福岡でもっとも高勝率を残しているのが太田和美だ。前期のスタート事故の影響で現在はA2級に甘んじているが、今期勝率は7点台後半をマークしており、A1級復帰はほぼ確実な状況。さらに、3月の三国MB大賞で優勝と、長く続いていたスランプからもようやく脱出。完全復活を遂げたSG7冠の怪物から今節も目が離せない。

 今垣光太郎も福岡での水面相性は悪くない。SG優出こそ1回のみだが、GIでは2勝を挙げており当然、今回もかかる期待は大きいが、直前のF2本目がどう出るか。服部幸男や仲口博崇と言った天才肌の選手たちも今年からマスターズ世代に入り、どんな走りをするか注目が集まる。

 古参組では西島義則が筆頭株。当たり前と言わんばかりの前付け策で進入からかき乱してきそうだが、歴代覇者に名を連ねる田頭実も真骨頂のスリット攻勢で沸かせそう。地元組では他にも今村暢孝や藤丸光一、日高逸子といった味のある選手がエントリーがされており、話題には事欠かない。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ