トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]ボートレースクラシック カウントダウン特集【V争い展望】

2018年3月13日 紙面から

 地元静岡支部からは4選手が出場。その中でもっとも活躍が期待されるのは菊地孝平だろう。昨年2月の浜名湖周年は2コースから差して高額配当をもたらした。今年に入りややリズムを崩しているが、持ち味の速いスタートは健在。意識高まる大舞台で復活を狙う。調子の良さでは徳増秀樹と坪井康晴。徳増は2月の徳山周年優出後、東海地区選で優勝。この大会の最終切符を手に入れた。追い風を味方に今シリーズも台風の目となるか。坪井も1月の唐津周年で準優勝。派手な活躍こそないが堅実な走りが光る。

 遠征組の中では白井英治に熱視線。1月に下関、からつ連続Vで今年の開幕ダッシュに成功。前節の戸田では非常識Fを切ってしまったが、逆に気を引き締めて臨める分、大駆けがあるか。また、3度目のクラシック制覇に挑む王者・松井繁を筆頭に田中信一郎や瓜生正義、井口佳典といったSG常連組の走りにも注目が集まる。

 初出場組では飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続ける羽野直也、仲谷颯仁が楽しみな存在。女子では昨年のこの大会で予選を突破した長嶋万記、賞金女王に輝いた遠藤エミらが面白い。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ