トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]中田ヤング王、逃げ快勝 GI2度目V

2017年9月25日 紙面から

ヤングダービーを制しトロフィーを受け取る中田竜太(右)=蒲郡で(布藤哲矢撮影)

写真

◇GI・ヤングダービー優勝戦

 愛知県・蒲郡ボートのプレミアムGI「第4回ヤングダービー」は24日、12Rで優勝戦が行われた。人気を集めた1号艇の中田竜太がコンマ09のSを決めて一気に押し切り逃げ快勝。今年4月のまるがめ周年に続き、2度目のGI優勝を果たした。中田は優勝賞金1000万円を加え、賞金ランクは9位に浮上。初のグランプリ出場に大きく前進した。2着には仲谷颯仁、3着には大上卓人が入った。なお、道中2番手を追走していた片橋幸貴は2周1Mで転覆し妨害失格、椎名豊は落水となった。

 世代トップと呼ぶにふさわしい、鉄壁の逃げだった。絶好枠の中田はコンマ09のSを決め、スリット後も力強く伸びて1Mを先取りした。「2番が少し前にいたけど慌てる必要はないと思った」。相棒の18号機は納得の舟足。軽やかなスピードでターンマークを回るともう勝利を確信。2周1Mで後続艇に事故もあり、ゴールの瞬間もパフォーマンスはなかったが、静かながらも勝利の味をかみしめた。

 的確なSにクレバーなレース運び。その才能は早くから注目されたが、今年一気に開花した。4月のまるがめ周年ではGI7回目の優出にして初優勝。しかも予選をオール2連対で1位通過し準優、優勝を1号艇で逃げ切る“王道V”だった。そしてこのヤングダービーには選考期間の勝率1位をマークし、ドリーム戦1号艇を獲得。主役としてシリーズを引っ張り、最後までその座を務めきった。

 若手の登竜門であるこの大会にはこれまで不思議と縁がなかった。前身である13年の新鋭王座では優勝戦で転覆失格。地元・戸田開催の第1回大会は初日にFに散り、昨年はF休みで出場すら果たせなかった。だが、着実に地力をつけ、自信もつかんだ今大会はハッキリと優勝を意識。「賞金ランクのこともあるし、そこは頭にありました」。前検の時点で賞金ランクは19位とグランプリ出場(18位以内)のボーダー付近だったが1000万円を加え、9位に浮上し初のグランプリ出場へ大きく前進した。

 「グランプリが見えたけどまだホッとする位置にいる選手じゃないし、チャレンジャー。気を抜かずにいきたい」。卒業イヤーの29歳、ラストチャンスでヤングチャンプの称号を手にし、勝負強さも備わってきた中田が、さらなる高みを目指す。

◆GI初優出で2着 シリーズ出場前進 仲谷

 今シリーズで最も若い登録番号だった仲谷颯仁が大仕事をやってのけた。2周1マークの事故にも冷静に対応。見事に追い上げてGI初優出で準優勝を手にした。「事故があって素直に喜べないけど、大きなけがではないようなので良かったです。いいS行けたと思うし、足は変わらず良かった」と笑顔。これで今年の最優秀新人賞が大きく近づくとともに「(年末の)シリーズ出場もみえてきた。この結果を自信にしたい」。大きな夢に向かって仲谷が勢いを加速させる。

◆優勝戦VTR

12R S展示で遅れた(4)片橋も本番はピット離れは持ち、進入は123・456枠なりの3対3。横一線のスリット隊形からインをキープした(1)中田がコンマ09の好Sを決めて先マイ。スピードの乗ったターンで押し切り、GI優勝をゲットした。2周1マークで片橋が振り込み、乗り上げた(5)椎名が落水失格。アクシデントを回避した(6)仲谷が2着。(3)大上が3着、(2)木下が4着に。

◆戦い終えて

 大上卓人(3着)1周2マークの足はしっかりしていた。Sも行けたし、乗り心地も抜群に良かった。次も頑張る。

 木下翔太(4着)Sは速いと思って少し放った。足は今節で一番仕上がっていたが、1マークで舟が向かなかった。

 椎名 豊(落水)優勝戦も調整が合っていて、トップクラスの舟足をキープしたままレースに行くことができた。

 ◆売り上げ目標達成 プレミアムGI「第4回ヤングダービー」を開催した蒲郡ボートは、6日間で62億7380万8400円(返還1億2683万3200円)を売り上げ、目標の60億円を上回った。

<中田竜太(なかだ・りゅうた)>1988(昭和63)年4月10日生まれの29歳。167センチ、50キロ。血液はA型。福島県いわき市出身。県立平工業高校卒業。選手養成104期生、埼玉支部所属。同期には松田大志郎、岡村慶太、竹井奈美らがいる。09年5月・戸田でデビュー(5着)。14年とこなめ・ダービー(全日本選手権)でSG初出場。17年4月・周年記念(まるがめ)、今シリーズでGIは2勝目。GI2Vを含む通算優勝回数は16回。家族は妻で同期の浜田亜理沙と1男1女。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ