トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]小野悲願、夏の女王 地元で魅せた!圧勝劇でGI初勝利

2017年8月7日 紙面から

第31回レディースチャンピオンで優勝し、ファンの声援に応える小野生奈=芦屋で

写真

 福岡県・芦屋ボートのプレミアムGI「第31回レディースチャンピオン」は開催最終日の6日、12Rで優勝戦が行われた。1号艇で人気を背負った小野生奈(28)=福岡=はSこそコンマ19とやや遅れたが、パワーで伸び返して冷静にイン逃げ。3回目のGI優出で、待望の初優勝を地元水面で飾った。小野は優勝賞金1000万円を加え、賞金ランクも9位から一気にトップに浮上した。2着には細川裕子、3着には松本晶恵が入った。

 勝敗は一瞬で決まった。やや遅れたSにも1Mまでに伸び返す強力パワーで先マイ。インの小野生奈が、ライバルに反撃を許さない圧勝劇で念願のGI制覇を飾った。

 台風の影響もあって今シリーズ初の安定板を装着された最終日。「足落ちしてて朝からバタバタしました。本番は何となくゾーンには入ってた」と不安を抱えながらの優勝戦だったが、逆に自信が持てないことで「緊張はしなかった。合ってないのであとは気持ちだと思った」。持てる力の全てをファイナルレースに注ぎ込んだ。

 昨年は5回の優勝を飾って年末のQクライマックスにも3年連続で出場。それが今年はここまで優勝ができず、「山あり谷ありでした。でもいろいろ失敗もあって成長できた」。ピットに戻ると、周りの選手から祝福の声やこれまで支えてくれた師匠、先輩の教えが走馬灯のように頭をよぎり自然と涙があふれ出た。

 「存在感を持って自分にしかできないレースをしたい」。自分に足りないものを求めて一から体を作り始めた。体幹と下半身を重点的に鍛えあげ「ボートが前よりスムーズに動くようになった」と胸を張る。

 この優勝で下関・Lチャレンジや来年の浜名湖・クラシック出場に大きく前進。今年は2度のSG出場でともに予選をクリアし、男子相手にも戦える手応えをつかみ始めた。「SGにたくさん出て、この前は乗れなかった優勝戦に乗りたい」。大きな一歩を踏み出した小野が、さらなる高みを目指して歩み出す。

<小野生奈(おの・せいな)> 1988(昭和63)年生まれの28歳。156センチ、47キロ。血液型はB。福岡県出身。東海大付属第五高校卒業。選手養成103期、福岡支部所属。同期には深谷知博、市村沙樹、古沢光紀らがいる。08年11月、芦屋でデビュー(6着)。10年5月、芦屋で初勝利。13年12月、蒲郡で初優勝。GI初出場は14年・九州地区選手権(芦屋)。SG初出場は14年・オールスター(福岡)。通算優勝回数は9回。通算獲得賞金は1億6928万1898円。妹、真歩(112期)もボートレーサー。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ