トップ > 中日スポーツ > 競馬・ボート・競輪 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【競馬・ボート・競輪】

[ボート]プレミアムGI・マスターズチャンピオン カウントダウン特集【DR戦展望】

2017年4月7日 紙面から

 ドリーム戦は、選考勝率7・56で1位の数字を残した江口晃生が1号艇から発進する。近況の充実ぶりは神がかり的で昨年11月から3月までの間に6Vの固め打ち。2月には22年ぶりに関東地区選も制している。当地の相性も問題はなく、昨年2度の参戦はいずれも優出と苦手意識もない。2013年以来の今タイトル奪取へ不安は一切なしと言っていいだろう。

 2号艇の西島義則が対抗格。昨年は優勝戦1号艇を手にしながら田頭実のジカまくりを食らい敗戦。雪辱を果たす舞台に帰ってきた。レジェンド・今村豊も当地GI 3Vと得意にしているプール。今年に入っても中国地区選で優出するなど輝きは変わらないまま。3コースからスピード全開の攻めで3度目のマスターズ制覇へ勢いをつけたい。

 ダッシュに引けば怖いのが三角哲男。初出場となった昨年はいきなり優出と好成績を収めた。進入次第となるが一撃があってもおかしくない。5号艇には西山昇一。近況は事故の多さが気掛かりだが、巧みな旋回は魅力。技巧派が真骨頂を見せつけるか。大場敏は目下、5連続優出中。ドリームメンバーの中での勢いは屈指だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ