トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

広島・長野の番背号は5 16年のルナ以来

2019年1月11日 紙面から

写真

 広島は10日、FAで巨人に移籍した丸の人的補償で広島に新加入する長野久義外野手(34)の背番号が「5」に決まったと発表した。鈴木球団本部長によると、空き番の5と9を提示したが、長野が「9番は将来、野間が一人前になったら付けたらいいと思う」と語り、5番を選んだと明かした。

 背番号5は92年から04年に町田、06年から15年は栗原が背負い、最近ではルナが16年に付けていた。鈴木球団本部長は「栗原以降、イメージがないし、いい番号が空いていた」とコメント。長野は現在、ロサンゼルスで自主トレ中のため、入団発表は1月下旬となる見通しだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ