トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ソフトB、新人11人の入団を発表 “ドラ5”の水谷は「60発打ちたい」と抱負

2018年12月7日 紙面から

ソフトバンクの工藤監督(中)とポーズをとる新入団選手=福岡市内のホテルで(軸丸雅訓撮影)

写真

 ソフトバンクは6日、福岡市内で新人11選手(育成4人)の入団発表を行った。ドラフト5位の水谷瞬外野手(17)=島根・石見智翠館高=は「60本塁打を打てる選手に」と大きな目標を掲げた。

◆規格外192センチ91キロ

色紙を手に、抱負を語る水谷

写真

 スケールの大きさは体だけではなかった。身長192センチ、体重91キロ、スパイクは特注サイズの31センチと規格外の17歳。水谷は目標とする選手もビッグで、ヤンキースの大砲スタントンだという。

 節目の入団発表では、運命的なつながりを喜んだ。この日渡されたユニホームの背番号「59」。メジャー通算305本塁打のスタントンが2017年に記録した自己最多本塁打数も「59」だ。

 「偶然だけど、運命を感じた。まずは2桁本塁打を打ってみたいけど、目標は高い方がいい。将来的には60本塁打を打てる選手になりたい」。目指す数字は「59」の上を行き、ヤクルト・バレンティンが持つシーズン60本塁打の日本記録だ。愛知県津島市から野球留学した島根県での高校3年間で成長。さらにビッグな目標を胸に、プロで飛躍を遂げる。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ