トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

DeNA・大和が練習中に頭部直撃救急搬送 試合は零封負け

2018年6月13日 紙面から

練習中に打球が当たり倒れ込むDeNAの大和=ZOZOマリンスタジアムで(平野皓士朗撮影)

写真

 DeNAの受難は試合前から始まっていた。守備練習していた大和がフリー打撃の打球を後頭部付近に受け、救急車で緊急搬送。打撃練習の一時中断を余儀なくされ、大和の抜けた遊撃で柴田が急きょ先発したが…。ロッテの先発・石川を打ちあぐねて今季3度目の零封負け。ラミレス監督は「大和のアクシデントと敗戦は関係ない」と強がったが、3連勝で敵地に乗り込んだ勢いはあっさり霧散した。

 正式な診断は13日の様子を見て決まるが、大和は試合中に球場に戻り、試合後もしっかりとした足取りだった。右太もも裏痛のロペス、腰痛の梶谷が離脱しているだけに、大事に至らなかったのは不幸中の幸いだ。

 再び借金生活およびBクラスに転落した。中止となった西武戦が18日に入り、この日から8連戦がスタート。代役ではつらつとプレーした柴田は「今いるメンバーでしっかり戦うしかない。言い訳にはできない」と交流戦ラストスパートへ気を引き締めた。 (小林孝一郎)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ