トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人・ゲレ、柵超え20発 新天地、衝撃デビュー

2018年2月9日 紙面から

高橋監督(後方左)が見守る中、フリー打撃で快音を響かせる巨人・ゲレーロ(河口貞史撮影)

写真

 ついにベールを脱いだ。中日から巨人に加入したアレックス・ゲレーロ外野手(31)が8日、宮崎キャンプ初の屋外フリー打撃を行い、62スイングで推定140メートル弾を含む20発の柵越え。歴代助っ人の初フリーの柵越え数と比較しても、ぶっちぎりの本数。新天地で衝撃のデビューを果たした。

 重力が働いているのか。ゲレーロの放った打球が次々とフェンスを越える。左中間を中心にバックスクリーン、右中間スタンドへもぶち込み、62スイングで2度の3連発を含む20発を放った。

 「もうちょっといくよ。35発はいけるかな」

 気温8度。暖かくなってきたのを見はからって行われた初の屋外フリー。昨季のセ・リーグ本塁王は、看板に偽りなしのパワー、技術を見せつけた。

 広いサンマリンスタジアムでの20発に意味がある。両翼100メートルで中堅122メートル。左中間、右中間の最深部は深く、フェンスも高い。まるでナゴヤドームのような投手有利の球場なのだ。

 過去の助っ人と比較しても、初屋外フリーの柵越え本数は群を抜く。2003年のペタジーニは13本、06年の李承〓(イ・スンヨプ)は5本、08年のラミレスですら5本だった。ナゴヤドームを主戦場とした昨季は35発。今季の本拠地は狭い東京ドーム。一体、何本放つのか−。

 高橋監督は「ボールがなかなか落ちてこないよね」とコメント。松井秀喜臨時コーチも「実績十分。その力を生かしてもらいたい」と語った。

 昨季のチーム本塁打王は18発のマギーだった。あまりに寂しい数字に、球団首脳から厳命の下ったゲレーロ獲得。そのバットマンの柵越えが増えれば増えるほど、巨人の順位は上がる。 (川本光憲)

※〓は火へんに華

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ