トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

ソフトBの今季スローガンは「もう1頂!」

2018年1月14日 紙面から

2018年シーズンのスローガン「もう1頂!」を披露する工藤監督=福岡市中央区のヤフオクドームで(岡部拓也撮影)

写真

 ソフトバンクが13日、今季の新スローガンを「もう1頂!」(もういっちょ!)と発表した。V奪回を果たした昨季の「1(ワン)ダホー!」の「1」を踏襲しながらも、連覇でなく、あえてもう一度、一から頂を目指すという工藤公康監督(54)の強い思いが込められた造語。扇状に囲んだ報道各社のカメラマンが「目線」を欲しがると、工藤監督は順番にそれぞれのレンズを笑顔で見つめた。

 「もういっちょ! はい、もういっちょ! はい、次こっち、もういっちょ!」。数分前にお披露目したばかりの新スローガンを早速連発。お気に入り具合が伝わった。

 「ほぼ私の独断…。(独断は)あんまりよくないかもしれないんですけど、決めさせてもらいました」。これまでは数十個の候補作の中から、営業や広報担当者を交えた選考会議の席で監督が選ぶ形式を採用してきたが、今回は違う。工藤監督自らが「もういっちょ」のフレーズを提案。その流れに乗って、2018年のスローガンに決定した。

 「連覇、連覇と言って、勝てなかったこともある。足もとを見てしっかりみんなで一つずつ積み重ねていく」。就任1年目の15年にリーグ優勝&日本一に輝きながら、翌16年には最大11・5ゲーム差を日本ハムにひっくり返されてV逸。そんな苦い経験を無駄にはしない。 (倉成孝史)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ