トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人・沢村 現状維持の1億5000万円 今季1軍登板なしも球団負い目?

2017年12月7日 紙面から

契約更改交渉を終え、記者会見する巨人の沢村=東京都内で

写真

 えっ〜、1球も投げずに現状維持!! 今季1軍登板なしに終わった巨人・沢村拓一投手(29)が6日、都内の球団事務所で契約更改交渉を行い、現状維持の1億5000万円でサインした。

 「1球も投げていないです。『年俸を下げていただいて構わないです』というやりとりはありました」。沢村は減額を求めたというが、球団にもうしろめたさがあったのは確かだ。沢村は右肩の違和感を訴え2月の春季キャンプで、球団トレーナーによるはり治療を受けた。その後、「長胸(ちょうきょう)神経まひ」を訴えた。

 複数の医師の診断の結果、まひの原因がはり治療の施術ミスの可能性があることが発覚。9月には、事態を重くみた球団は、石井社長と鹿取GMがジャイアンツ球場へ足を運び、沢村に直接謝罪していた。

 そんな背景もあって出した結論は、登板なしでも現状維持。沢村は「マシソンとカミネロがいる。その前で成績を出したい。信用してもらえるようにしたい」と意気込んだ。来季こそ万全の状態でマウンドへ上がり、勝利の方程式の一角を担いたい。 (川本光憲)

(金額は推定)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ