トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

阪神、CS突破へ大山4番も

2017年10月13日 紙面から

金本監督が見る中、打撃練習をする大山=甲子園で(田中太一撮影)

写真

 阪神は12日、DeNAを迎え撃つセ・リーグクライマックス・ファーストステージ(14日開幕・甲子園)へ向け、甲子園で全体練習を行った。金本知憲監督(49)は打撃好調のドラフト1位ルーキー・大山悠輔内野手(22)をスタメン起用する方針を示し、状態によっては4番に抜てきする可能性も示唆した。

 大山はフリー打撃で快音を連発した。金本監督も思わず目を見張った。力強い打球が次々とバックスクリーンへ飛び込んでいく。視線の先にいたのはルーキー・大山。「だいぶいいね、状態は。ちょっと疲れも取れてきたんかな」と指揮官は声を弾ませた。

 レギュラーシーズン最終戦となった10日の中日戦では、走者一掃の右中間3点三塁打に加え、ダメ押しの7号ソロを左翼席へたたき込んだ。同じく先発出場したライバル・中谷を上回る結果に「今の状態的には大山の方がいいかもね」と先発起用を示唆した金本監督。4番起用も、という問いに「(打順の)並びによってはあるかもしれない」と含みを持たせた。

 新人が4番に座れば2007年に始まったCS史上初の快挙。

 「とにかく調子のいい選手を使っていかないと。長い期間を見据えて戦っていくわけじゃないから。その時、その時で守り優先だったり、走る方を優先したり。そういうのはあるかもしれんけど、調子のいい選手、乗っている選手を使う」と同監督。

 「CSを経験したことがないのでわからないですけど、いい準備をしっかりとやっていきたい」と力を込めた大山。85年以来、32年ぶりの日本一へ背番号3の若さ、力強さが確かな原動力になる。 (重松健三)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ