トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

亀井が逆転サヨナラ3ラン 巨人、交流戦最下位を何とか阻止

2017年6月19日 紙面から

巨人−ロッテ 逆転サヨナラ3ランを放ち、号泣しながら高橋監督に抱きつく亀井(右)=東京ドームで(出月俊成撮影)

写真

◇巨人7−5ロッテ

 巨人が逆転サヨナラ勝ちで開幕以来の同一カード3連戦3連勝を飾った。3−5の延長12回に坂本勇の二塁打で1点差に迫ると、途中出場の亀井が3ランを放った。ロッテは終盤に追い付き、12回に勝ち越しながら5連敗を喫した。

 あふれる涙をぬぐいながら、ダイヤモンドを一周した。延長12回、巨人・亀井が値千金の逆転サヨナラ1号3ラン。「奇跡としか言い様がない。打てなかったら命を取られると思って」。生還後、崩れ落ちるように高橋監督の胸に飛び込んだ。

 直前、4番のマギーがこの試合3度目の敬遠。1死一、二塁で打席に立った。8回と10回も、同じように「亀井勝負」を選択されたが、屈辱をはね返せずに凡退。負傷交代の阿部に代わる「5番」で途中出場しながら、負ければ戦犯の危機だった。「本当にもう、心が折れていたので…」。最後に意地を示し、お立ち台でもおえつが止まらなかった。

 師匠の高橋監督に、節目の100勝目をプレゼントした。現役時代、自主トレを共にしてきた間柄。今季は代打とスタメンの併用で打席のリズムがつかめず、助言を請うこともあった。「監督の顔が見られなかった」というまな弟子を、指揮官は「チームを救ってくれた。よくやった」と笑顔で抱きしめた。

 3連勝で、チームは初の交流戦最下位を土壇場で回避した。14日のソフトバンク戦では、初勝利を挙げた山口俊も涙。期間中に13連敗も喫した交流戦を涙、涙で締めくくった。温かい拍手を送るG党に、亀井は「ご迷惑をおかけしました」とチームの思いを代弁した。 (佐藤啓)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ