トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人・田口が本拠地初完封 又吉抜いて防御率セ1位

2017年6月18日 紙面から

巨人−ロッテ 完封で5勝目を挙げた巨人・田口(左)と移籍後初本塁打の陽は、お立ち台でガッツポーズ=東京ドームで(北田美和子撮影)

写真

◇巨人8−0ロッテ

 巨人が2カード連続で3連戦に勝ち越した。3回にマギーの適時打と村田の適時二塁打で2点を先制、その後も陽岱鋼の移籍後初本塁打などで着実に加点した。田口が今季2度目の完封で5勝目。ロッテは今季6度目の4連敗を喫した。

    ◇

 お立ち台の巨人・田口は笑顔を爆発させた。本拠地で初めての完封に「最高の気分です」。G党の歓声を全身で受け止め、これまで2度あった敵地での完封とはひと味違う感覚をたんのうした。「試合前に(完封という)目標を立てました。スライダーはカウントも空振りも取れました」

 117球を投げて被安打4、与四球2の熱投で今季5勝(2敗)をゲット。チェンジアップも含めた変化球を低めに集めて、自身初の2桁10奪三振へ結びつけた。防御率もリーグトップの2・10。「何かで1番になりたくて、この世界に入りました。継続したい」と大粒の汗をぬぐった。

 反省点を挙げるなら9回先頭・角中への四球。「あれはダメです」。前回10日の日本ハム戦(札幌ドーム)では1点リードの8回先頭・杉谷に四球を許して降板。その後、中継ぎ陣が打たれて白星を逃しただけに、高橋監督も「最後の四球はね」と注文をつけた。

 チームは打線が3戦連続2桁安打となる今季最多タイ14安打で8得点。ロッテに連勝して2カード連続の勝ち越しを決めた。交流戦終盤になってFA加入組の山口俊、陽岱鋼が戦力になった名門。まずは開幕・中日3連戦(東京ドーム)以来となる同一カード3連勝を狙う。 (川本光憲)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ