トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

メッセ、ついに土 開幕からの連勝5でストップ

2017年5月19日 紙面から

8回表、勝ち越しを許し、声を上げながらベンチに引き揚げる阪神メッセンジャー

写真

◇中日2−1阪神

 中日が競り勝って連敗を3で止めた。5回に追い付くと、8回に荒木、平田の連続二塁打で勝ち越した。ジョーダンは3勝目。阪神は2回以降、得点を奪えなかった。メッセンジャーは8イニング2失点で初黒星を喫した。

 阪神のメッセンジャーに、ついに土がついた。開幕からの連勝は「5」、登板試合のチーム連勝も「7」で止まった。

 「(京田の投ゴロの間に同点となった)5回はアンラッキー。8イニング2失点。悪い投球だったとは思わない。長いイニングを投げたが、負けたら意味がないので悔しいよ」

 8回、勝ち越しを許した後の1死満塁は工藤、代打・藤井をいずれも直球で空振り三振。意地を見せて、今季自己最多の12奪三振。今季66個でリーグトップを堅持した。

 捕手の梅野は「フォークの精度が、今年一番よかった。三振を取れる強みがある。投げミスは少なかった。内容のある投球だった」と振り返る。金本監督も「十分、責任を全うしてくれた」と、信頼は揺らがない。

 チームの連勝は「4」で止まった。ジョーダンに相性の悪い福留を、23試合ぶりにスタメンから外す余裕もあった。8カード連続の負け越しなしで、ひと休みだ。(吉川学)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ