トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

金本采配スバッ!代打高山がV打 3安打でもしぶとく4連勝

2017年5月18日 紙面から

阪神−中日 8回裏2死二塁、中越えに勝ち越し打を放ち一塁を回る高山と喜ぶ阪神ナイン(佐伯友章撮影)=甲子園球場で

写真

◇阪神2−1中日

 中日は同点後の好機を逃し、好投のバルデスを援護できなかった。阪神が競り勝って4連勝。5回に原口の3号ソロで先制し、同点の8回に高山の適時打で勝ち越した。先発能見は制球よく投げ、7回途中1失点。救援陣も踏ん張った。

      ◇

 阪神ベンチに雄叫びが響いた。1−1の同点で迎えた8回2死二塁、高山の打球が前進守備を敷いていた大島の頭上を越えた瞬間だ。「ヨッシャー!!」。金本監督の声だった。

 決勝打を放った高山は二塁ベース上で、ベンチのほうを見て右腕を突き上げた。采配がことごとく的中する。金本マジックはコーチ陣にも支えられている。

 「左対左はキツイかと思った。でも、矢野コーチは、高山でいきましょう、と。矢野コーチのファインプレーです」

 相手は左腕バルデス。金本監督は代打に、パンチ力のある右打者の江越を考えた。すると参謀役の矢野作戦兼バッテリーコーチが、昨季の新人王・高山を進言。バルデスには今季4打数1安打、昨季は3打数2安打。苦にはしていなかったからだ。

 スタメンも的中した。前夜(16日)先制決勝3ランを放った中谷の台頭により、出場機会が減った原口を一塁で起用。5回、高めに浮いた直球を左翼席へ35日ぶりの一発となる3号先制ソロをたたき込んだ。

 「もともと勝負強さに期待して出している。ランナーがいないときは一発長打がある。いい仕事をしてくれた」と金本監督。「毎日スタメンは悩んでますよ」と言ったあと、その日の調子や相性などを考え合わせて決めているそうだが「片岡打撃コーチの直感ですよ、ハハハ」と豪快に笑った。今季3度目の4連勝で貯金は12。ベンチも選手も一丸の証しだ。 (吉川学)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ