トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

オリックス、2年ぶりの4発で4連勝 5年目武田がプロ初弾で点火

2017年4月21日 紙面から

日本ハム−オリックス 3回表無死、オリックス・武田が右越えに同点ソロを放つ=東京ドームで

写真

◇オリックス8−4日本ハム

 オリックスが4連勝を飾った。0−1の3回に武田、宮崎のソロで2点を奪い逆転。7回に宮崎の2ラン、8回にもT−岡田の2ランなどで加点した。金子は制球が抜群で8イニングを1失点で3勝目。日本ハムは金子を攻略できず5連敗。

     ◇

 オリックス打線が2年ぶりの4発で4連勝を決めた。1点を追う3回、反撃のノロシをあげたのはプロ5年目で今季初スタメンの武田だ。左腕・加藤の外角高め直球を右翼席へ運んだ。うれしいプロ1号が、価値ある同点弾となった。

 昨年のU−23W杯で1番打者として優勝に貢献し、ベストナインに選ばれた。春季キャンプで5時間、特訓した右打ち。「効果が出てますね」とニッコリだ。

 勝負を決めたのは1番に定着する宮崎。武田に続いて左中間への1号ソロで勝ち越し。これが4年ぶりの一発だったが、7回には初の1試合2発となる2ラン。ヒーローインタビューでは「まぐれです。いつもより外野の(オリックスファンの)範囲が広がっててうれしかった」と話してファンを喜ばせた。

 締めはT−岡田。8回に5号2ランを放った主砲は「一人の投手を全員で崩しにいくことができている」と選手会長らしくチームの思いを代弁した。

 日本ハム戦の開幕からの5連勝は45年ぶり。指揮官は「“ぶり”はもういいよ」と苦笑いだった。 (達野淳司)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ