トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

<WBC>筒香が二塁打2本 ド軍と練習試合で好調持続

2017年3月21日 紙面から

6回、二塁打を放つDeNA・筒香嘉智=グレンデール(撮影・棚橋慶太)

写真

◇練習試合 日本2―3ドジャース

 気候が変わろうが、時差があろうが、侍の4番の頼もしさは不変だ。筒香が前日のカブス戦に続くマルチ安打で最後の実戦を締めた。

 2回はマイナー右腕に対し、フルカウントからカットボールを左中間二塁打。6回の第3打席はメジャー45勝右腕、モローの初球、外角直球を左翼線へ二塁打にした。ファウルにはなったが第1打席のファーストストライクもフルスイング。この日も積極性が目立ち、逆方向への快打もらしさを感じさせた。

 「データがないからこそ積極的に打っていく。青木さんからもそうアドバイスされた」

 一貫したアプローチで結果を残している。稲葉打撃コーチも「4番がどっしりしていると非常に大きい」と、主砲が打線全体に及ぼす影響力を口にした。

 米国が準決勝進出を決めた前日のドミニカ共和国戦はテレビで見ていた。この日、日本戦の先発が右腕のロアークであることが判明したが、筒香は「相手がどこでも僕自身やることは変わらない。結果どうこうよりコンディションがいいので、順調にロサンゼルスに入れる」といつものように言い切った。

 「メジャーリーガーと対戦するのを楽しみにこの大会をやっているわけではないので。勝てるようにいい仕事ができたらなと思います」。覇権奪回へ。主砲の一振りが、2大会ぶりの世界一へ導く。 (小林信行)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ