トップ > 中日スポーツ > プロ野球 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【プロ野球】

巨人リャオ・ヘア増殖計画!! こだわりの髪形番長の精神ひきつぐ

2017年1月12日 紙面から

故郷の英雄・王貞治さんの展示を見つめる巨人ドラフト7位のリャオ・レンレイ=東京都文京区の野球殿堂博物館で(代表撮影)

写真

 リャオ増殖計画!? 巨人のドラフト7位右腕、廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(23)=台湾・開南大=がアシンメトリー(左右非対称)の髪形の続行を宣言。講師として壇上に立った元DeNA三浦さんのリーゼント同様、トレードマークとして自身の存在をアピールしていく。

 壇上で三浦さんがルーキーイヤーからリーゼントにしているエピソードを披露した。これにリャオが反応する。「髪形はこのままがいいと思っています。(変更する可能性は)ないと思います」。髪形も選手の特徴のひとつ。現状のままで豪快なプレースタイル同様、ファンに認知してもらいたい。

 行動すべてが目立つ。

身長201センチ、体重125キロの巨体。迫力十分な投球フォームや豪快なスイングだけではない。新人合同自主トレでは汗をぬぐうたびに、髪の乱れをチェック。左側頭部を刈り上げて、髪を右側へ流すスタイル。これが崩れるのを嫌っている。

 もちろん、髪形の前に野球で魅了したい。三浦さんの制球力にも憧れを抱き「コントロールはプロとして基本です。キャンプや自主トレでしっかりやっていきたい」。昨年から継続してトレーニングしてきていて、いつでもブルペン入りできるほど仕上げている。ただ、焦りは禁物。今は、傾斜で投げる時期を見定めている状況という。

 岡山共生高校を卒業後、米パイレーツのルーキーリーグを経験してから故郷の大学を経て入団した変わり種。「ファンの方も、もしよかったらこの髪形にしてみてください」とニヤリとした背番号97。成績を残して人気者になった先には、東京ドームにリャオ・ヘアのG党が大量出現するかもしれない。 (川本光憲)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ