トップ > 中日スポーツ > 大リーグ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【大リーグ】

イチロー代打安打記録に「1」届かず 「2位じゃダメなんですバイ蓮舫」

2017年10月3日 紙面から

ブレーブス戦の6回に代打で凡退し、ベンチで汗を拭うマーリンズのイチロー(共同)

写真

◇ブレーブス8−5マーリンズ

 【マイアミ小林信行】米大リーグは1日、各地でレギュラーシーズン最終戦が行われ、マーリンズのイチロー外野手(43)は本拠地のブレーブス戦に代打で左邪飛に倒れ、シーズン代打安打は27本のままでメジャー記録にあと1本届かなかった。田沢純一投手(31)は同点の7回に登板し3失点で5敗目(3勝)。ドジャースの前田健太投手(29)は敵地のロッキーズ戦で3−0の4回に登板し2イニング無失点で13勝目(6敗)を挙げた。メッツの青木宣親外野手(35)は敵地のフィリーズ戦に1番でフル出場し、4打数1安打だった。

 あと1本が出なかった。伏し目がちにベンチに帰る表情に悔しさがにじむ。「2位じゃダメなんですよ。バイ蓮舫です。忘れ去られちゃう」。苦笑しながらイチローが8年前の流行語をアレンジし、胸の内を表現した。

 今季最終戦。記録を意識して集中力を高めたのは6回だ。「これまで自分が経験をしてきて得た自信を自分の中で改めて思い描き、それを支えとして立った」。今季109度目の代打。フルカウントからの10球目、真ん中150キロ直球を振り抜いたが左邪飛。「やられましたけどね」。珍しくバットの先を確認しながらベンチに戻った。

 2月末のキャンプで同僚と接触、腰と脚を痛めた。5月終了時の打率は1割7分6厘。転機は6月のパイレーツ4連戦。2号ソロなど3試合で安打を放った。以降の86試合は3割1厘。「今の自分(の形)は嫌いじゃないですよ」と満足感を漂わせた。

 この日は元ヤンキース主将のデレク・ジーターさんら新オーナー陣が観戦。イチローの来季契約200万ドル(約2億2500万円)は球団に選択権がある。去就についてイチローは「去るかもしれないですけどね」と笑って話すが首脳陣やフロント陣の評価は高い。

 年間214打席は自己最少。「運動不足だね! きょうからトレーニングするわ」。22日に44歳になるイチローがメジャー18年目の来季に向けて動き出す。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ