トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

青木、開幕絶望 昨年末に左膝半月板損傷で全治約6カ月

2019年1月11日 紙面から

湘南−名古屋 後半、シュートを放つ名古屋・青木=2018年3月11日、BMWスタジアム平塚で(榎戸直紀撮影)

写真

 名古屋グランパスは10日、MF青木亮太(22)が左膝半月板損傷で全治約6カ月であると発表した。クラブによれば、負傷したのは昨年12月26日の自主トレーニング中。すでに手術したという。

 青木はJ2だった2017年に11得点をあげてブレークするも、昨季は両脚のけがに悩まされてリーグでは無得点。過去にも左膝前十字靱帯(じんたい)断裂などの大けがを経験しているガラスのエースが、またしても大けがを負い、開幕絶望となった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ