トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

玉田、グラ退団 「刺激的な2年だった」 楢崎、佐藤も今季限り濃厚

2018年12月7日 紙面から

 名古屋グランパスは6日、FW玉田圭司(38)と来季の契約を結ばないことを発表した。玉田は2006年〜14年に在籍し、W杯出場や10年のリーグ初優勝に貢献。C大阪を経て、J2だった昨季にグランパスに復帰した。今季は後半戦から先発に定着し、24試合に出場して3ゴール。J1通算100得点まであと1と迫った。

 玉田は自身のSNSに「契約しないと伝えられた時には、ねぎらいの言葉の一つもなかったことにがっかりしました」としながら、「とても刺激的な2年間でした。いい経験をさせていただいた」とつづった。

 強化責任者を務める大森征之スポーツダイレクターは「監督、社長ともコミュニケーションを取りながら、中長期的に見た時にこのタイミングだと思った」と契約満了の理由を説明。玉田個人にはJ1昇格と残留に貢献したことへの感謝を直接伝えたといい、「次のピッチで輝いてもらいたい」とエールを送った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ