トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

連敗脱出へ あるぞ3バック

2018年10月13日 紙面から

センターバック3人(ビブスなし)が並んだ紅白戦の最終ライン=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(那須政治撮影)

写真

 名古屋グランパスは12日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。紅白戦で風間八宏監督(56)は最終ラインを従来の4バックから3バックに変更。FC東京戦で右太ももを痛めたDF宮原の復帰が見えない中、残留争い脱出への新たな策に挑んだ。

 3連敗中のチームに変化がもたらされた。紅白戦の布陣は「3−4−3」。最終ラインは右から中谷、新井、櫛引と、いずれもセンターバックの選手が入った。逆に、DF丸山は足の不調を訴えて別メニューだった。

 指揮官の考えは選手に伝わったようで、最終ラインとの連係を担う守備的MFのエドゥアルドネットは「監督のトライに合わせていい準備をしたい」と歓迎。DF新井も「試合に関われるように気が引き締まる」と出場機会奪取に意欲的だ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ