トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

風間監督、19年ぶり8連勝に自信 ゴールへの道筋見えてきた!

2018年9月14日 紙面から

磐田戦で3点目のゴールを決めた和泉(29)を祝福する風間監督(右)=1日、ヤマハスタジアムで(浅井慶撮影)

写真

 名古屋グランパスは13日、次節の長崎戦(15日・パロマ瑞穂)に向け、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで非公開練習した。風間八宏監督(56)は代表ウィークを経た2週間ぶりの実戦でも好調を維持していることを強調。ジョアン・カルロス監督時代の1999年以来、19年ぶりとなる8連勝への自信をみせた。

 ブランクが空いても、積み上げてきたものは揺るがない。「自分たちがどうしたら成功するか、良くなるかということをこの1週間やってきたけど、積極的に自分たちがうまく感触をつかむようにやれていたと思う」。風間監督はこれまで言葉を選んできたが、この日の言葉は一変。自信と力強さがみなぎっていた。

 8月1日から1か月続く連勝は「7」。勢いが代表ウィークで失われるのでは−。周囲はそんな心配をする。しかし、風間監督は「ないね」と断言。笑顔で懸念を一蹴した。「意識するのは目の前の相手を全力でたたきにいくこと」。見える物だけがターゲットだ。

 指揮官がよく使う言葉「目がそろう」が今、高いレベルで実現できつつある。ゴールへの道筋を各選手で共有できるようになり、最近5試合で19得点と破壊力もうなぎのぼり。指揮官は「新しい選手たちもうまくいっているし、素直に見だしてる。成功が分かれば、逆に失敗も分かる」と手応えを感じている。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ