トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

入場券の売れ行き好調 7連勝効果!?目標の「40万人動員」現実味

2018年9月7日 紙面から

 7連勝の追い風を受けて、名古屋グランパスのチケットの売れ行きが好調だ。ルヴァン杯3試合を含むホーム15試合での観客動員数は31万4231人と昨季を大きく上回るペースで、残り試合の売れ行きも上々。目標とする「40万人動員」の達成に向け、チーム同様にスパートをしかける。6日は、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。

 “7連勝効果”が、チームに好循環を生んでいる。今季の1試合平均2万948人(15試合)は、J2だった昨季の1万5365人(21試合)より5583人増加。遠藤チケット担当も「追い風をいただいています」とほくほく顔だ。

 好調なチーム状況が、後押しになっている。動員が見込める8月のホーム4試合は全勝し、最下位を脱出。比例するようにチケットの販売数も伸び、6得点で大勝した1日の磐田戦当日と翌日には、次節・長崎戦のチケットが2000枚も売れた。6日時点で約90%売れているという。

 

この記事を印刷する

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ