トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

青木、18日リーグ後半戦再開間に合った 持ち味のドリブルで巻き返し図る

2018年7月11日 紙面から

リハビリから復帰した青木(左)=トヨタスポーツセンターで(那須政治撮影)

写真

 名古屋グランパスは10日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。左太ももなどのけがで5月のリーグ中断直後からリハビリに専念していた青木亮太(22)が、全体練習に復帰。「(攻撃の)リズムを変えられるようにしたい」と持ち味のドリブルでアピールする。

 昨季J2で11ゴールの男が戻ってきた。青木は「ちょっとずつ慣らしていきたい」と慎重ながら、18日からのリーグ後半戦に向け表情は明るい。

 2月の沖縄キャンプで負傷した左太もものけがと向き合いながら、リーグ前半戦は15試合中12試合に出場。「(完治を遅らせる)逆効果だったかもしれないけど、チームのためにやりたい気持ちが強かった」と言う。

 リーグ中断後に約1カ月半離脱し、無駄な力を使わない瞬発的な動きなども学び、「もう1回(悪く)戻らないようにしたい」と強調する。全体練習では、サブ組の左サイドハーフに入り、移籍間もないMFエドゥアルドネットは「青木はすごく速い」と一目置く。

 

この記事を印刷する

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ