トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

丸山、合流初日に志願の早出練習

2018年7月9日 紙面から

ミニゲームでパスを出す丸山(右)=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスは8日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。FC東京から完全移籍したDF丸山祐市(29)が合流。ミニゲームでは早速センターバックの位置に入り、「前半戦は失点が多かったので、直す(減らす)ことに貢献したい」と決意表明した。

 志願の早出だった。この日は午後3時から全体練習だったが、丸山のグランパス初日は午前中に始まった。練習場の雰囲気や芝の感覚を確かめるようにジョギングやストレッチで体をほぐし、「あまり体を動かせていなくて不安だったんです」

 下部組織も含め、長く親しんだFC東京からの移籍。「グランパスが僕を推してくれたことと、個人としてチャレンジしたい思いのタイミングが合った」と話し、新たな成長に道を選んだ。

 風間監督の攻撃サッカーにも決断を後押しされた。明大時代に筑波大、プロ入り後に川崎と、風間監督が率いたチームとの対戦経験がある。「一緒に戦ってみたい、風間さんに教わってみたいという気持ちがどこかしらにあった」。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ