トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

寿人、リーグ戦に集中 天皇杯“PKやり直し戦”よりも

2018年6月13日 紙面から

PK戦再試合決定から一夜明け、ランニングをするグランパスの選手たち=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで

写真

 名古屋グランパスは12日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで練習した。11日に一度は敗戦が決定した天皇杯2回戦・奈良クラブ戦で異例の“PK戦やり直し”が決定するも、この日の練習は通常モード。主将のFW佐藤寿人(36)は「チーム力を高めてリーグの巻き返しをしたい」と後半戦に向けたチームづくりに集中する考えを明かした。

 前代未聞の決定にも、ピッチ上は“平常運転”だった。3日間のオフが明けたこの日は2部練習が行われたが、PK練習は一切なし。使用球も天皇杯でなくリーグ戦仕様のものが使われ“止める・蹴る”を意識したパス練習などが行われた。

 世界にもほとんど例がない“PK戦やり直し”は、選手たちにとってもやはり寝耳に水だった。GKランゲラックは「クレイジーだね」と苦笑い。5人目のキッカーを務めた佐藤も「PK戦だけやるのは変な感じ」と違和感を隠さなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ