トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ、試合開始3分で失点…完敗 12戦連続未勝利

2018年5月13日 紙面から

長崎に敗れ、肩を落として引き揚げる名古屋・ジョー=トランスコスモススタジアム長崎で(榎戸直紀撮影)

写真

 名古屋グランパスは長崎に0−3で敗れ、12試合勝ちなしとなった。首位広島はパトリックの2ゴールなどで仙台を3−1で下し、4連勝で勝ち点を37とした。川崎は小林の得点などで柏に2−1で逆転勝ちし、連敗を2で止めた。神戸は2−0で磐田に快勝し、5試合ぶりの勝利。清水は湘南を破った。

 J2だった昨季1勝1分と勝ち越した長崎に0−3で完敗。連続未勝利が12に伸びた。試合後、ユニホームで頭を覆ってうなだれたDF菅原は「ただの負けではない」とショックを隠せなかった。「同じく昇格してきた相手に、勝たなければいけないこの状況で完敗した。チームとしてどうサッカーをすべきか考えないといけない」。

 悪い部分がことごとく露呈した。前半3分に左サイドからのクロスで失点。キックオフ早々に主導権を握られた。ボール支配率で上回っても、マークが厳しくなる敵陣深くでパスがつながらない。期待のセットプレーも結果が出なかった。GKランゲラックがビッグセーブを連発し、辛くも1点差で折り返した。

 反撃ムードを高めて臨んだ後半。だが4分に自陣で失ったボールを確実に決められて2点差。同31分にダメを押され“いつもの負け”が繰り返された。風間監督は開口一番、「集中力の欠如だ」。DF櫛引も「対面の相手より走ることも、ボールを取られた時の切り替えも相手の方が上だった」と技術以前の部分を悔やんだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ