トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

新井、守備立て直す 左膝大ケガから7カ月…全体練習復帰

2018年4月30日 紙面から

全体練習に復帰し、ミニゲームで汗を流す新井=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(牧原広幸撮影)

写真

 左膝のけがで長期離脱していた名古屋グランパスのDF新井一耀(いっき、24)が29日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで行われた全体練習に復帰した。ミニゲームなど全メニューを消化。今季リーグワーストの失点数と奮わない守備陣の中、約7カ月ぶりにピッチに戻ってきた背番号5が一気に定位置をつかみにいく。

 失点が止まらない守備陣に、まもなく強力な援軍が加わりそうだ。新井は、状態を確かめながらのプレーだったが、約1時間のメニューをこなし「膝の感覚はすごくよかった」と笑顔で振り返った。

 昨年8月の加入後、すぐに定位置を獲得。だが、9月のJ2大分戦で左膝前十字靱帯(じんたい)損傷など大けがを負った。全治6〜8カ月と診断を受けて手術もしたが、チームは高い守備力を評価。新井も「成長につながる」と完全移籍を決断した。

 リハビリ中は1人での練習が多く、相手を入れたパスなどのプレー感覚が完全に戻るにはもう少し時間がかかりそう。だが、足などの筋肉はリハビリ中のトレーニングで増強に成功。「動きの中でなじめば、だいぶいい」と自信を見せた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ