トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

玉田・寿人、初アベック弾

2017年10月8日 紙面から

前半36分、チーム2点目のゴールを決める名古屋・佐藤(奥)

写真

 名古屋グランパスは、FW玉田圭司(37)、MF佐藤寿人(35)が初のアベックゴールを決めるなど山口に3−1で快勝し3連勝。首位の湘南は水戸を3−0で破り勝ち点を77に伸ばし、次節にも2位以内が確定してJ1復帰が決まる。2位福岡は横浜FCを3−1で下し、3連勝で同67。3位の長崎は町田と引き分けた。

 ベテランがチームに勢いを呼び込んだ。前半10分、フリーでゴール前に抜け出したFW玉田がシャビエルのヒールパスに反応、冷静に左足でゴール左隅にボールを流し込んだ。「シャビエルがあそこに出してくれる感覚がすごくあったので、それを信じて走った。先制点を取ることが大事だったし、それが早い時間で取れて良かった」と、5カ月ぶりの一撃を振り返った。

 それに続いたのはMF佐藤。36分にゴール前で、最も得意な形で宮原の右クロスに頭で合わせた。「何でゴール前にいるんだって話ですけどね。玉さんが受けに下りてきてくれているので、そういうときには自分が前に入っていこう」と、流動性が見事にはまった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ