トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

青木、2桁得点宣言 残り7戦2発ノルマ

2017年10月5日 紙面から

シュート練習で、冷静にGK渋谷をかわす青木=愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで(福沢和義撮影)

写真

 J2名古屋グランパスは4日、愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで、山口戦へ向けて練習した。チーム2位の8得点を挙げているMF青木亮太(21)は、「2桁ゴールが見えてきた。7試合あれば、普通に考えたらいかなくちゃいけない。点を取ることが自分のやるべきことだ」と語り、残り7戦で2得点をノルマに掲げた。

 この日のシュート練習。青木は、飛び出してきたGK渋谷の動きを見切り、ふわりとかわすと同時に、一瞬顔を上げ周囲の状況を確認していた。「あそこまで入っていくとシュートコースもなかなかないんで、中とかはしっかり見るようにしている」。次の瞬間、フリーの味方にパスを選択した。

 2連勝中に奪った10得点が、チーム全体でゴール前の質が上がっているなによりの証拠。青木もそのひとりで、1日のFC岐阜戦、6試合ぶりにゴールを決めた。「自分がいい状態は、周囲がよく見える。ゴール前では常に冷静にプレーできるよう意識しているし、あの時は、落ち着いてできた」と振り返った。

 久々の得点は新境地を切り開く一撃でもあった。それまでは得意のヘディングか利き足の右からだったが、今季初めて左からのゴールだった。パスを右足で絶妙にコントロールし、左に持ち替える余裕も見せた。「うまくコースに流し込めたんで、良かった。しっかりボールを(右で)止められたので、ああいう形で左で狙えた」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ