トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

グラ不発 ゴールへの気迫足りない10戦ぶり無得点

2017年9月10日 紙面から

名古屋−大分 前半、シュートを外し悔しがる名古屋・ガブリエルシャビエル=パロマ瑞穂スタジアムで(浅井慶撮影)

写真

 3位の名古屋グランパスは試合終了間際に決勝点を奪われ、大分に0−1で敗れた。2位の福岡も愛媛に敗れたため、勝ち点差は4のまま。首位の湘南は山口を破った。

 無情な放物線を描いたボールが、ゴール左隅に吸い込まれた。0−0の後半44分、大分の左CK。中央の永井が大分の鈴木に振り切られ、頭で打たれたシュートに楢崎の手も届かない。痛恨の失点。守護神は力なく天を仰いだ。

 一方、グランパスが打った16本のシュートはすべて不発だった。10試合ぶりの無得点試合に「中央でボールはつなげたが、その中に強さを身につけてほしい。本気を出して全員がやったのか。もう一度考えてもらいたい」と風間監督。指揮官の言葉に課題が凝縮されていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ