トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

ワシントン獲得へ グラ来季待望のMF新加入

2016年11月30日 紙面から

グランパス入りが濃厚となったMFワシントン(クラブ公式HPから)

写真

 J2に降格した名古屋グランパスが、来季の新加入選手としてブラジル人MFワシントン(30)を獲得することが29日、濃厚になった。ワシントンはブラジル2部リーグのブラジル・デ・ペロタスに所属する経験豊富なボランチで、退団した韓国人MFイ・スンヒの穴を埋める助っ人として白羽の矢を立てた。チームは愛知県豊田市のトヨタスポーツセンターで全体練習した。

 新たな中盤の引き締め役が、ブラジルから海を渡ってやってくる。ブラジル人DFシャルリス(28)の獲得が決定的となっており、ワシントンは待望の助っ人第2弾。関係者によると、既にグランパスとは大筋で合意しているという。

 ワシントンは国内リーグのブラジル・デ・ペロタスで長くプレーし、チームのリーグ3部、2部昇格に貢献してきた。183センチ、82キロの屈強な肉体を持ち、堅実なプレーが持ち味のボランチ。今季は自己最多のリーグ戦34試合に出場するなど好調で、多くのベテランが退団したグランパスにとって、その経験も貴重だ。

 チームの心臓部となるボランチは、今季限りでMFイ・スンヒとMF明神の退団が決定した。鳥栖から正式オファーを受けているMF田口も去就を明らかにしておらず、クラブは重要な補強ポイントに設定。大森強化・補強担当がブラジルでプレーをチェックし、高く評価して獲得を決めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ