トップ > 中日スポーツ > グランパス > グラニュース一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【グラニュース】

大武、新聞隠されフロント不信

2016年11月11日 紙面から

自主トレでランニングする大武=トヨタスポーツセンターで(宮崎厚志撮影)

写真

 J2に降格した名古屋グランパスのDF大武峻(23)が、複数年契約ながら流出する可能性が浮上した。Jリーグ関係者によると、J1の2クラブを含む複数クラブが興味を持っていることが判明。一方で17年まで現在の契約を残している大武に対し、新体制のチーム統括部はさらに1年の契約延長オファーを出した。大武は「降格の責任を感じているし、本音を言えば残りたい。ただ、クラブのビジョンが見えない」と悩める心境を吐露した。

 功労者の続々退団に加えてフロントの不祥事が明らかになったグランパスで、現有戦力の流出危機が深刻化した。トヨタスポーツセンターで自主トレ中の大武は、複数のJクラブから興味を持たれている事実を認めた。10日までに大手エージェントと契約。移籍を見据える一方、「降格の責任を感じているし、本音は残りたい」と残留が基本線だと明かした。

 来季まで契約は残っており、移籍なら違約金が発生。また大卒新加入2年目のためFW永井のように明確な金額が設定されておらず、基本的にグランパスはプロテクトできる。それでも、大武が強い移籍希望を示した場合、グランパスが折れる形でクラブ間交渉がまとまる可能性がある。

 大武は2014年に福岡大在学中に、特別指定選手として開幕スタメンに名を連ね、W杯アジア最終予選の予備登録メンバーにも名を連ねるなどハリルホジッチ監督も注目する大器。今季は20試合出場と準レギュラー格だった。そのうえで「このままでは1年で昇格できるとは思えない。クラブのビジョンが見えない以上、延長契約は考えられない」と告白した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ