トップ > 中日スポーツ > グランパス > 望月重良氏のコラム一覧 > 記事

ここから本文

【望月重良氏のコラム】

J1選手の高待遇 J3の選手編成に影響

2016年12月23日 紙面から

 2度目のJリーグバブルが来るのだろうか。来年から英国の動画配信会社と10年間2100億円契約を結び、潤沢な資金ができた。

 J3クラブの代表者として、このオフに早くも変化を感じている。われわれ相模原だけでなく、J3クラブが戦力を安定させるのが難しくなっているのだ。例年通り、選手の移籍が活発に行われているが、下のカテゴリーになるほど、選手がそろわなくなっている。

 その理由として考えられるのは、J1の選手の待遇が急激に手厚くなっているからだ。大型契約によって、分配金などJクラブに入る資金は膨らんだ。Jリーグの意向で、特にJ1に手厚い配分になっている。例えば、来季J1優勝クラブには、強化費として再来年予算分から17億円以上入る。それを見込んで各クラブが動いているのでJ1選手の価格が急激に上がっている。パフォーマンスが特に変わっていない選手が3倍の条件でオファーを受けたり、移籍金(契約途中の違約金)が発生するケースも増えている。

 これまでなら、出場機会を求めて、待遇が多少悪くても下のカテゴリーでプレーする選択もあったが、待遇に格差が広がってくると、ハードルも上がってしまう。現時点では、選手の循環が一方通行になっている感じがしている。

 J1への分配金を高くしたのは、世界的なビッグネームの獲得を推奨する狙いもある。ピクシー(名古屋)、レオナルド(鹿島)、スキラッチ(磐田)らがプレーしたように、リーグに華やかさを取り戻したい。ただ、その資金は、日本人に使われているのかもしれない。

 (元日本代表、名古屋グランパスMF・望月重良)

  公式ホームページ=「望月重良」で検索

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ