トップ > 中日スポーツ > ゴルフ > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【ゴルフ】

小平が今季初V 古閑美保と結婚後初V

2017年10月2日 紙面から

テレビ電話で美保夫人に優勝を報告する小平=三好CCで(佐藤哲紀撮影)

写真

◇トップ杯東海クラシック<最終日>

 ▽1日、愛知県みよし市、三好CC西C(7325ヤード、パー72)▽曇り、25.5度、南西1.6メートル▽賞金総額1億1000万円、優勝2200万円▽69選手(うちアマ1人)▽観衆6365人

 首位タイから出た小平智(28)=アドミラル=が5バーディー、2ボギーの69とスコアを伸ばし、通算14アンダーで今季初優勝。ツアー通算5勝目を挙げ、賞金ランキング1位に躍り出た。美保夫人(旧姓古閑)との結婚後は初優勝。今回は所用で来場できなかった愛妻と、2週後の日本オープンでは2人で優勝カップを持つという目標を掲げた。1打差の2位は時松隆光(24)=筑紫ケ丘GC=だった。

 第3日が終わった後に「優勝しか狙っていない」と優勝宣言した小平が有言実行。愛妻に結婚後の初勝利を届けた。

 14番を終えて首位の金亨成(キム・ヒョンソン)=韓国=とは3打差。ここから予想外の展開になった。15番のバーディーで2打差に迫ると、16番では金がトリプルボギー。「3打差をつけられた時は『厳しいかな』と思った。(金が)ああいう形で崩れてチャンスが生まれたので気持ちを切り替えた」と再び優勝への意欲がわいた。

 17番で約4メートルのバーディーパットを決めて抜け出し、力強く右拳を握った。18番パー4は、残り85ヤードの第3打をイメージ通りにピンそば1メートル弱へつける絶妙なショット。「最後のパットだけは緊張した」と心身の震えを抑え、ウイニングパットをねじ込んだ。

 3月に美保夫人と結婚して迎えた今季は前週まで未勝利だった。それだけに表彰式が終わると早速、テレビ電話で「優勝したよ」と報告。東京にいた夫人は「良かったね。いい勝ち方だったね」と応えたそうだ。

 結婚後は生活リズムが変わり、ゴルフに専念できる環境が整った。「意外と家庭的。料理は全ておいしいし、洗濯もやってくれる。ストレスなくゴルフができている」。携帯電話をズボンのポケットに入れたまま洗濯された時は大げんかしたというが、それものろけにしか聞こえない。

 これで賞金王争いのトップに立ったが、「一試合一試合を全力でこなした最後のご褒美なので狙っていない」と無関心。次の目標は世界ランキング50位以内に入って米国ツアーに挑戦することと、12日からの日本オープン(岐阜関CC東C)で優勝すること。「次は美保と一緒に優勝カップを持ちたい」と、またのろけた。 (堤誠人)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ