トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

暴行被害のNGT山口真帆、公演に登場 メンバーが帰宅情報漏らす

2019年1月11日 紙面から

公演に出演した山口真帆

写真

 昨年12月、自宅マンションに男2人が押しかけ、顔をつかまれる暴行を受けたアイドルグループNGT48の山口真帆(23)が10日夜、新潟市のNGT48劇場での劇場3周年記念公演に登場した。

 AKB48兼任の柏木由紀(27)と曲を披露した後、事件について「お騒がせして申し訳ありません」と謝り、「私にも守りたいものがあった。これがきっかけとなり、NGT48が新しい方向に向かえるよう、チームGの副キャプテンとして努力したい」とファンに語った。

 山口は8日夜、ツイッターなどを通じて被害を告白、「殺されていたらどうするんだろう」「住所も漏れていた」などと不安を語り、波紋を広げていたが、この日、NGT48の運営側が公式サイトで騒動の原因について、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口の自宅は知らないものの、推測できるような帰宅時間を伝えてしまったことを確認した」と説明。今後、「防犯ベルの支給、各自宅への巡回などの対策を徹底、メンバーとの信頼関係を築き、山口をはじめ精神的ケアを、全力で行っていく」とした。

 NGT48の元キャプテン北原里英(27)はツイッターで山口に向け「謝らないで。頭を下げるのは間違ってます!」などと投稿した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ