トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

病気療養からBUCK−TICK・櫻井敦司が復帰

2018年12月30日 紙面から

力強い歌声で復帰をアピールしたBUCK−TICK・櫻井敦司=日本武道館で

写真

 人気ロックバンド・BUCK−TICKが29日、19年連続となる日本武道館公演を開催。病気療養から復帰したボーカルの櫻井敦司(52)が、力強い歌声で詰めかけた1万人のファンを熱狂させた。

 櫻井は12月9日の公演後に体調を崩し、病院で検査を受けたところ「消化管出血」と診断され、療養に入った。15日以降に予定されていた4公演を延期、この武道館公演も心配されていたが、病状の回復もあって無事開催にこぎつけた。

 ステージを元気に駆け回り、会場をヒートアップさせた櫻井。いつもは寡黙な男だが、「ご心配をおかけしました。みなさん、一緒にダンスしましょう」と呼びかけると、ファンは大歓声と盛大な拍手で応えた。

 終演後、来年5月25、26日に幕張メッセ2DAYS開催が発表された。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ