トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

タッキー、感謝のソロラスト舞 ジャニーズ初!撮影タイムも

2018年12月29日 紙面から

 年内でタレント活動を引退する滝沢秀明(36)が28日、東京都港区のグランドプリンスホテル新高輪の飛天の間で、「THANK YOU SHOW〜epilogue〜」と題したコンサートを開いた。大みそかの「ジャニーズカウントダウン2018−2019」に元相方の今井翼(37)とともに「タッキー&翼」として出演するが、個人としては最後のステージ。ジャニーズ史上初となる手法のファンサービスも取り入れてたっぷり感謝を伝えた。

 epilogueとは物語の結末部分のこと。滝沢がデビュー以来紡いできた“夢物語”が、そのページにたどり着いた。

 タレントとして最後となるステージに登場した滝沢は、自分の頭髪を指さしてアピールした。「僕はすごい反対したんです。駄々こねたんです。でも、スタッフが金髪にしてくれって…。負けました」。金髪はかつて歌手・滝沢秀明のイメージとして定着していた。前日の夜中にリハーサルを終えた後、美容院へ。7年ぶりのイメチェンだった。「今恥ずかしくて、裸になった気分」と照れると客席から「かわいい〜」の声が上がった。

 コンサートのタイトルにあるようにファンへの「サンキュー」の気持ちを込めて、チケット代は税込み3900円。ジャニーズのコンサートとしては最安値のタイ記録となる。そして、滝沢からの最大のプレゼントは、来場したファン1930人全員に配られた、本人デザインのイラスト付きインスタントカメラだ。 「ジャニーズ事務所が始まって50年以上たちますけど、初めてです」。何と、そのカメラで撮影OKの時間を設けたのだった。肖像権には厳しい姿勢を取るジャニーズでは今まで決して考えられなかったことだ。

 「最後ぐらい、歴史の1枚をファンの方に撮ってほしい」という思いでスタッフを口説き落とした。無数のフラッシュに包まれ、フィルムを巻く音がこだまする客席の通路をゆっくりと回る滝沢にファンは大歓声を上げた。

 全18曲を歌ったステージでは、事前に募集したリクエスト曲から、上位3曲も披露。3位の「REAL DX」の際は、後輩のジャニーズJr.グループ「SixTONES」「Snow Man」「Travis Japan」の3組が駆けつけ、バックダンサーを務めた。

 最後に1位の「epilogue」をファンと合唱すると「(引退は)びっくりさせてしまいましたが、僕は悔いはありません。これからは一人の男・滝沢秀明として皆さんをびっくりさせます。僕は一生エンターテイナーでいると思います」と宣言した。

 「泣くときは枕の中で泣いて下さい。ここではダメです。だから僕は泣きません」。すすり泣きが漏れる客席に優しく語りかけながら、とびっきりの笑顔でこうシャウトし、ステージを締めくくった。

 「それでは滝沢秀明、第2章へ行ってまいりまーす!!」

◆V6三宅サプライズ来場 生田斗真の紹介に驚き

 「滝沢歌舞伎」で滝沢と共演し、企画ユニット「KEN☆Tacky」を結成したV6の三宅健(39)がサプライズで駆けつけ、客席から滝沢の勇姿を見届けた。すでに来場が伝えられていたJr.時代からの戦友、生田斗真(34)が「紹介します、三宅健くんです!!」と隣に座る三宅にマイクを渡すと、滝沢は「健くん? 聞いてない、聞いてない!」と目を丸くした。

 27日から「LINE」で滝沢のオフィシャルスタンプが販売開始となったことに触れ、三宅は「スタンプ買ったんだけど、お前のLINE(アカウント)知らないんだよね」と苦笑した。そんな三宅について「僕は今まで先輩に相談したことがなかったけど、唯一(相談事は)健くんには言える兄キです」と敬意を払った。

◆「新しい風吹かせたい」 引退後のアイデア続々

 滝沢はタレントを引退後、ジャニー喜多川社長の補佐をしながら後輩たちの育成や舞台のプロデュースにあたる。2月からは京都・南座で、Snow Manらが出演する「滝沢歌舞伎zero」の演出を手掛ける。

 この日、自身のステージでジャニーズの歴史上初めて写真撮影をOKにしたのも、“滝沢流”の第一歩。「何でもかんでもやらなくて守ってきたものがあるからジャニーズのプライドが続いていると思う。でも、時代に合わせて必要なものがあれば積極的に取り入れていきたい」と語った。

 「来年から新しいジャニーズの風を吹かせたい。僕がタレント目線で23年間見てきたものをジャニーさんの思いに乗せていけば面白くなっていくと思う。見せ所ですね!」と心を躍らせている。

◇コンサートの曲目◇

(1)記憶のカケラ

(2)僕のカケラ

(3)894

(4)Detroit

(5)願い

(6)REAL DX

(7)花華〜僕とあなた〜

(8)キ・セ・キ

(9)WITH LOVE

(10)スシ食いねぇ(シブがき隊カバー)

(11)ひと駅歩こう(SMAPカバー)

(12)アンダルシアに憧れて(近藤真彦カバー)

(13)FRIENDS(KinKi Kidsカバー)

(14)Words Of Love

(15)JOURNEY

(16)陽の当たる場所

(17)瞳を閉じて

(18)epilogue

◇滝沢秀明のあゆみ◇

1995年   ジャニーズ事務所に入所。半年後にフジテレビ系ドラマ「木曜の怪談」シリーズに主演

2002年9月 今井翼と「タッキー&翼」としてアルバム「Hatachi」でCDデビュー

    10月 東京ドームでデビューイベント&ジャニーズJr.卒業式

  03年11月 シングル「夢物語」で初のオリコン1位を獲得

  05年1月 NHK大河ドラマ「義経」に当時史上最年少で主演

  06年3月 東京・新橋演舞場で、主演舞台「滝沢演舞城」初演

  07年8月 タッキー&翼として日本テレビ系「24時間テレビ 愛は地球を救う」でメインパーソナリティー

  09年1月 シングル「愛・革命」でソロデビュー

  10年4月 「滝沢歌舞伎」で演出家デビュー

  12年6月 ミクロネシア連邦友好親善大使に就任

  15年8月 シンガポールで「滝沢歌舞伎」を海外初上演

  17年6月 初主演映画「こどもつかい」公開

     8月 アラブ首長国連邦の親善大使に就任

     9月 タッキー&翼が活動休止

  18年4月 V6の三宅健とのユニット「KEN☆Tackey」を結成

     9月 タッキー&翼の解散とともに滝沢が引退を発表

    12月 大みそかの「ジャニーズカウントダウン 2018−2019」にタッキー&翼として出演し、タレント活動引退予定

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ