トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

“名悪役”石橋雅史さん死去 85歳 「水戸黄門」などで存在感

2018年12月22日 紙面から

写真

 映画やテレビなどで悪役として活躍した俳優の石橋雅史(いしばし・まさし、本名・雅美=まさみ)さんが85歳で今月19日に亡くなった。21日に分かった。

 通夜は25日午後6時から、葬儀・告別式は26日午前11時から、いずれも東京都調布市飛田給1の53の2の飛田給メモリードホールで。

 親族によると、石橋さんは今月16日に自宅で体調を崩して倒れ、東京都内の病院に入院したが、容体が悪化して19日朝に亡くなった。ここ数年、心臓などが弱っていたという。

 石橋さんは1933(昭和8)年1月4日、軍人だった父親の赴任先の台湾で生まれ、その後帰国。日大芸術学部演劇学科を卒業後、俳優の道に入った。空手をたしなんだことから、アクション俳優としても活躍し、出演した映画「激突!殺人拳」(74年)などで知名度を上げた。テレビでは「大江戸捜査網」「水戸黄門」「大岡越前」など主に時代劇シリーズの名悪役として知られた。

 最近は俳優業から遠ざかり、東京都内で大好きだった空手を指導する日々だったという。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ