トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

タッキー&翼、一夜限りの復活!! ジャニーズカウントダウンで

2018年12月6日 紙面から

 今年9月10日に解散したデュオ「タッキー&翼」が、大みそかに東京ドームで開催される「ジャニーズカウントダウン 2018−2019」で一夜限りの復活を果たすことが決まった。5日、滝沢秀明(36)が故郷の東京都八王子市の京王プラザホテル八王子で開いたクリスマスディナーショー初日公演で発表した。年内で引退する滝沢は、23年前の同じ日にジャニーズの門をたたいた相棒の今井翼(37)とともに最後のステージに立ち、タレント生活に別れを告げる。

 デビュー15周年を迎えた昨年9月、個々のスキルアップを目的にタッキー&翼は活動を休止したが、今井の持病・メニエール病が快方に向かわず、滝沢もジャニー喜多川社長の補佐に専念するため引退を決意。活動を再開することなく今年9月10日に解散した。今井は同月をもって事務所も退所していた。

 ディナーショーの中盤、滝沢がタキツバとしてカウントダウンライブに出演することを発表すると、客席に衝撃が走り、悲鳴のような大歓声が上がった。「『最後に2人の姿が見たい』という声をたくさんいただき、何かしらメッセージを届けたいという思いで実現しましたので、12月31日、タキツバぜひ応援してください」と滝沢は呼び掛けた。

 解散からわずか3カ月半でのパフォーマンス。しかも相方は退所までしている。芸能界の歴史においても前例のない“復活劇”だ。公演前には本紙などの取材に応じ、「ファンの方とちゃんとお別れできていなかったので、2人の姿を見せることで区切りを付けられればと。ステージに立ちたくても簡単に立てるものではないですし、解散もしているのにすごくありがたいと思っています」と語った。

 解散後、滝沢は今井と2人で会って話をした際、ジャニーズカウントダウンへの出演を持ち掛けた。今井も「ありがたい話」とし、「曲は何にしようか」と軽く意見を出し合った。その後滝沢がジャニー社長に出演を直談判し快諾を得た。

 タッキー&翼としてのパフォーマンスは昨年9月18日のテレビ朝日系「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」以来1年3カ月ぶり。カウントダウン公演への出演は、2016−2017年以来2年ぶり16回目で、午後11時45分からフジテレビ系で生中継される。

 多くの先輩や後輩、5万5000人のファンに見届けられながら引退を迎える滝沢は「仲間たちに対しても、歌を通じて感謝の気持ちを伝えられるステージにしたい」と決意を語った。まさにファンの思いが作り上げた“キ・セ・キ”。ラストステージで最後の“夢物語”を紡いでタキツバは完結する。

◆26日に集大成「ベスト盤」

 26日には「タッキー&翼」として最後のリリース作品となるベスト盤「Thanks Two You」を発売する。全シングルの表題曲やアルバムの代表曲のほか、初音源化を含む滝沢、今井それぞれのソロ曲も含めた5枚組で68曲を収録。初回限定盤には、26曲のミュージックビデオと、オフショットの映像を収めたDVD2枚が付属する。

◆ショー「毎日が千秋楽」

 3年連続となる滝沢のクリスマスディナーショーは、昨年に続いて滝沢の故郷・八王子からスタート。17日の名古屋・ホテル名古屋キャッスルなど5会場で11公演が予定されている。振り付けと演出はA.B.C−Zの五関晃一(33)が担当。「僕にとっての思い出の楽曲や、Jr.のころから僕を応援して下さってる方が喜んでくれるような曲もあります。毎日が千秋楽のつもりで頑張ります」と話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ