トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

大島優子、久々カメラに「ドキッ」 米から帰国、1年半ぶり登場

2018年11月9日 紙面から

ゲームの4周年記念ケーキの前で笑顔を見せる大島優子

写真

 元AKB48で女優の大島優子(30)が8日、東京都内で開かれたスマートフォンゲーム「ファントム オブ キル」新CM発表会に出席した。昨年5月以来1年半ぶりに報道陣の前に登場し、「久しぶりにカメラを向けられてドキッとしましたけど、フラッシュを浴びて身がキュッとなりました」とキュートなえくぼを見せた。

 昨年8月からアメリカに渡航。先月に自身のインスタグラムで「ただいまだよ」と帰国を報告していた。「いろいろな経験をさせていただいた。ロードトリップ(車旅)もした。免許を取って10日間かけて縦横断しました」と思い出を語った。また、「待っていてくれるファンの前に戻ってこられたことをとってもうれしく思いましたし、待っていてくれたファンの方に感謝しています」とも話した。

 この日は、チェックのジャケットと茶色のロングスカート姿で登壇し、同ゲームの4周年記念ケーキのロウソクの火を消した。新CMでは「私も(AKB48を)卒業して4年、その歳月を感じながら歩いてくださいと監督に言われた」と明かした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ