トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ミス・ティーン・ジャパン スタイル抜群!愛知出身・宮部のぞみさんがグランプリ

2018年9月24日 紙面から

グランプリを受賞した宮部のぞみさん=東京・六本木で(稲岡悟撮影)

写真

 未来の女性スターを発掘するコンテスト「ミス・ティーン・ジャパン」の決勝大会が23日、東京・六本木のニコファーレで行われ、愛知県の中学3年生宮部のぞみさん(15)がグランプリに輝いた。

 宮部さんは身長163・6センチ、B78W58H78センチで、脚線美と輝くような笑顔が審査員らの注目を集めた。賞金50万円やハワイ旅行などを贈られた宮部さんは「まさか自分がグランプリなんて、本当にうれしいです!」と涙を浮かべた。

 2011年から始まった同大会は、13歳から17歳の女性を対象にしたコンテスト。今回は4237通の応募があった。

 11人が出場した決勝大会で、宮部さんは特技というトランペットで「星に願いを」を演奏、多才ぶりをアピールした。

 将来は女優やモデルとして活躍するのが夢。英語が得意だそうで、海外留学にも意欲的だった。

 コンテストのアンバサダー役務めた女優の新川優愛(24)は「宮部さんは顔が小さくてスタイルもバツグン、キラキラとした笑顔で歩き続けて」、平祐奈(19)は「お仕事を一緒にするのが楽しみ」とエールを送っていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ