トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ボイメン「天下奪取」まずギネス 新曲イベントで“世界記録”

2018年9月14日 紙面から

チェリー吉武(前列左から3人目)との対決で盛り上げたBOYSANDMENのメンバーら=東京都豊島区で(江川悠撮影)

写真

 名古屋を拠点とする10人組ダンス&ボーカルグループ「BOYS AND MEN」(通称ボイメン)が13日、東京・東池袋のサンシャインシティで、新曲「炎・天下奪取」(12日発売)のリリース記念イベントを開催した。

 「ヒャダイン」こと前山田健一(38)が作詞作曲した同曲は「♪拳上げ ガツ!ガツ!奪取(ダッシュ)!」という歌詞で始まるボイメン節全開の激熱ソング。来年1月14日に悲願のナゴヤドーム公演を控えるボイメンにとって、「天下奪取」は至上命題だ。

 そこで、日本で最多のギネス世界記録(22個)を持つお笑い芸人・チェリー吉武(37)をゲストに迎え、3つの競技で代表メンバーが対決した。

 吉武は、先月放送の日本テレビ系「24時間テレビ」で、「たんぽぽ」の白鳥久美子(36)に公開プロポーズをし、受け入れてもらったばかり。ボイメンから祝福されると「サンキュー、チェリーマッチ!」。その幸せオーラがボイメンに火を付けた。

 「1分間で最も多く卓上ベルを鳴らす」に名乗りを上げたのは平松賢人(23)。「霊長類最強のアゴだぞ〜!!」と吉武を威嚇した。吉武が持つ世界記録は115回だったが、この日は112回。平松はすぐにコツをつかんで軽快に動き、117回で非公式ながら世界記録を更新した。

 ガッツポーズで大喜びした平松は「中学生ぐらいからアゴが伸び始めてコンプレックスだと思っていたけど、ようやく生きるタイミングが来ました。次回は公式記録員がいる前でチェリーさんと対決して、本気で“天下奪取”を狙います!!」と宣言した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ