トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

ポルノグラフィティ凱旋公演、大雨で中止 母校生徒と急きょ「ここで歌おう!」

2018年9月10日 紙面から

公演の中止が決まり、ゲスト出演するはずだった母校・因島高校の生徒たちに事情説明するポルノグラフィティの岡野昭仁(左)と新藤晴一=広島県尾道市の広島県立びんご運動公園で

写真

 2人組ロックバンド「ポルノグラフィティ」が9日、地元・広島県尾道市の広島県立びんご運動公園陸上競技場で開催予定だった野外ライブ「しまなみロマンスポルノ’18」の2日目公演が大雨のため中止となった。

 デビュー20周年を記念した2日間公演。西日本豪雨で被害を受けた地元のために、ポルノの2人はこのライブの収益の全額寄付を発表していた。デビュー記念日の8日は約3時間にわたって予定通り公演を行ったが、9日は会場周辺地域への大雨警報・避難勧告が発令されたため、公演の中止を発表した。

 この日は、2人の母校・県立因島高校の生徒約300人がゲスト出演し、同校が今年の合唱コンクールのテーマに選んだポルノの楽曲「愛が呼ぶほうへ」をステージで一緒に歌う予定だった。

 生徒たちを前に、岡野昭仁(43)が言葉に詰まりながら感謝を述べると、生徒から「歌って!」の声が。ハッとした2人は「ここでみんなで歌おうか!」と返しカラオケ音源を使って急きょ、コラボレーションが実現した。

 新藤晴一(43)は「悔しい気持ちでいっぱいです。この気持ちをポルノグラフィティの明日からの活動の力に変えて、音楽を届けていきたいと思います」とコメントした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ